カリキュラム(大学院)

大学院の教育目標

基礎化学プログラムは,学部教育での化学を体系的に身に付けた人材とともに,他分野の教育基盤をもつ人材を新たに受け入れ,物質科学の中心を占める基幹学問としての化学とその関連分野における最先端の領域を切り開いていく研究者および高度な専門的知識を有する職業人を養成することを目的としております。現代科学の急速な学際化・国際化・情報化に対応して,以下の教育目標を設定します。

  1. 化学の専門的知識を体系化して教えるとともに,他分野の基盤をもつ人材にも配慮した幅広い教育を行います。
  2. 化学分野の学際的な研究領域の拡大に応じて,他分野の研究者と交流し最先端の研究にふれることのできる教育を行います。
  3. 社会的要請に対応するために,化学とその関連分野における高度専門職業人を養成する教育を行います。
  4. 社会の国際化・情報化に対応するために,英語教育・情報教育を併用した化学専門教育に積極的に取り組みます。

研究を通じた大学院教育

物理化学・無機化学・有機化学を含めた広範な分野を網羅する14の研究室(うち3グループは統合生命科学研究科の所属)を擁しており,最先端の研究を通じた大学院教育が実施されています。
研究室一覧はこちら

2022年度基礎化学プログラム関連カリキュラム

博士課程前期 博士課程後期
1年 2年 1年 2年 3年
必修大学院共通科目基礎化学特別研究 基礎化学特別演習A 基礎化学特別研究
基礎化学特別演習B
基礎化学特別研究
研究科共通科目  
物理化学概論
無機化学概論
有機化学概論
選択または選択必修 構造物理化学
固体物性化学
錯体化学
分析化学
光機能化学
放射線反応化学
量子化学
反応物理化学
反応有機化学
反応無機化学
基礎化学特別講義A
基礎化学特別講義B
基礎化学特別講義C